大社町集会所 故人慕う家族の心 家族葬

20171030

 

 

大社町団地第二集会所の家族葬。深夜「今から事務所へ相談に行きたい」とお電話がありました。その時間はスタッフ皆自宅待機だったので、時間を合わせて事務所にお越し頂きました。既に他社様のホールで故人様はご安置されておられたのですが、お見積りが合わず不安の中でのご判断でした。葬儀はご自宅近くの集会所をご予定になっておられたのですが、時間が時間だったのでご準備が整わず、とりあえずのご安置だったようですが、そのままホールでのお葬儀をご提案され、お見積り内容とご遺族様のご希望にずれが生じたとの事。お話を進めて当社の内容にご不安もなくなりお手伝いさせて頂く事ができました。とても仲良しのご家族で、20名様程の家族葬で式場はいっぱいいっぱいではありましたが、皆様らしく、そして何より誰に気兼ねすることなく心穏やかに、故人様への想い一つの素敵なお葬儀でした。いつも感じる事ですが、喪主様や主だったご親戚様のご不安やご負担がない事が、一番大切な事。誰の何の為のお葬儀なのかな・・・て考えた時、もちろん故人様をお送りする為のお葬儀、なのですが、残された方々の「心のケア」の時間でもあります。周りを気づかううちに時間は過ぎ、気づけば火葬場・・ちょっとまって、姿がなくなってしまう・・!!とそこで心が耐え切れなくなってしまう・・そんな事があっては喪失感は計り知れなく、立て直すのはとても苦痛が伴うのが想像できますよね・・葬儀は「故人様の為」であって「自身の為」である事を忘れないで頂きたいです。みんなの支えと心の平安のあるお葬儀にして頂きたいな~と思います。

一人・・思いを込めてお送したお葬式

20171020

 

尼崎市出屋敷近くの中央福祉会館でのお葬式。ご遺族はお一人です。たったお一人で沢山の想いと不安を抱えてご相談のお電話がありました。当社をお知りになっていた方からのご紹介だったのですが、お葬式は初めての事、ましてやどなたも頼れずお一人で様々なこだわりをもたれておられました。当社だけではなく、数社にご相談されておられたので、喪主様のご希望に最も近い内容に対応できる葬儀社を選ばれることをお伝えしてました。全てに対応するのはどの葬儀社も難しく、どこかで折り合いを付けなければいけない内容でしたが、絶対に譲れない事に重きを置いて頂いてよくよく考えて頂くようにお願しました。ご依頼頂いてご自宅にご安置後は少しずつ落ち着かれて式場にご移動の頃には、支えて下さるご友人様も駆け付けられ心穏やかになられたご様子。お供えや、故人様ご愛用品を飾られたりお好きだった音楽をお聞きになりながら、お過ごしになられました。ご不安を抱えお一人でお役目を果たされた喪主様。家庭の事情、状況は本当に様々です。同じお葬儀は二度とありません。たとえご両親のお葬儀をお子様方がそれぞれ執り行われても同じことにはならない。時々に対応した、また故人様のお人柄やご希望にそってご準備出来る様にお手伝いさせて頂きたいと思います。