葬儀・家族葬・海洋散骨なら西宮・芦屋・尼崎|OCEAN(オーシャン)

家族3人で静かに送る 聖天寺家族葬

2018年03月27日

20180325

 

 

 

ご家族3名様で送られた家族葬。長い闘病を経て旅立たれたのは大切な大切な父。そしてご子息でした。一人息子を見送らなければならない母の気持ちは計り知れません。また、若くして父を送る喪主様ご兄妹。気丈に、一つ一つの事柄を確認されつつ、ご高齢のおばあ様にも心配りをなさりながらのお式となりました。「自慢の息子、大事に育てたのよ・・」ご遺影写真を眺めながらお話下さいました。お別れの時まで涙はお見せになりませんでした。頬をなでられ、よく頑張ったね、ありがとね・・とお声を掛けられるお顔はとても優しく、母の無償の愛を強く感じました。掛ける言葉も見つからす、ただ堪える背中を支えるしか出来ませんでしたが、「ずっと優しくしてもらってありがとうね~」と最後にお声掛け頂いて、またお返しする言葉に詰まった筆者。ほんの少し、ほんとにちょっとだけ・・お気持ちが安らぐお手伝いができたのかな、と感じさせて頂けました。急速に変化する葬儀のカタチ。近しいお身内様だけでお送りする本当に「家族葬」を考える方が増えました。形は変われど人の想いは変わる事はありません。残された方の為の「お葬式」が今、必要とされているのだと思います。

Copyright©2014 OCEAN All Rights Reserved.

家族3人で静かに送る 聖天寺家族葬

2018年03月27日

20180325

 

 

 

ご家族3名様で送られた家族葬。長い闘病を経て旅立たれたのは大切な大切な父。そしてご子息でした。一人息子を見送らなければならない母の気持ちは計り知れません。また、若くして父を送る喪主様ご兄妹。気丈に、一つ一つの事柄を確認されつつ、ご高齢のおばあ様にも心配りをなさりながらのお式となりました。「自慢の息子、大事に育てたのよ・・」ご遺影写真を眺めながらお話下さいました。お別れの時まで涙はお見せになりませんでした。頬をなでられ、よく頑張ったね、ありがとね・・とお声を掛けられるお顔はとても優しく、母の無償の愛を強く感じました。掛ける言葉も見つからす、ただ堪える背中を支えるしか出来ませんでしたが、「ずっと優しくしてもらってありがとうね~」と最後にお声掛け頂いて、またお返しする言葉に詰まった筆者。ほんの少し、ほんとにちょっとだけ・・お気持ちが安らぐお手伝いができたのかな、と感じさせて頂けました。急速に変化する葬儀のカタチ。近しいお身内様だけでお送りする本当に「家族葬」を考える方が増えました。形は変われど人の想いは変わる事はありません。残された方の為の「お葬式」が今、必要とされているのだと思います。

バックナンバー

カテゴリー

Copyright©2014 OCEAN All Rights Reserved.