葬儀・家族葬・海洋散骨なら西宮・芦屋・尼崎|OCEAN(オーシャン)

心静かに安寧の眠りを祈る家族葬 満池谷斎場

2018年04月21日

20180420

 

 

突然訪れたお別れに、心がついていかない。現実を受け止めきれないまま迎える儀式の時間。多くのお葬儀をお手伝いさせて頂く中、ご家族の心の内に触れる時間があります。耳に響くお経が徐々に「別れ」を感じさせる通夜の儀。全てに心の準備が出来ていなかったご家族様が少しずつ現実に向き合っておられるご様子を感じます。向き合い、受け入れる。辛い時間ではありますが少しずつ故人様との想い出に触れる事でまた一つ受け入れて行く。この繰り返しで心の整理を行う時間が葬儀なんだと思います。家族5人でお送りされた喪主様。ご家族に向けてご挨拶に立たれました。刻まれた言葉には感謝と自責、そして支え合う家族の絆と故人様の為に家族仲良くこれからもずっと。自身を支え続けて下さった故人様の様に、自身も家族を支える。その想いに筆者は自身と置き換えてました。いつも故人様やご家族様とのお話をお聞きすると気づかされます。「あなたは大切な人を支えていますか?甘えばかりではないですか?相手の想いを理解しようと努力してますか・・・?」今の時代、自分の事で精いっぱい、相手を思いやる気持ちが欠落してるのでは?と感じる事も多々あります。人は一人では生きれない。言葉に発するのはたやすいのですがそれを「現実」と理解していないのが本当のところ。その現実に「向き合いなさい」と気づきを与えて下さるこの「葬儀」の時間を、ご家族と一緒に大切にしたい、と改めて思うのです。

今回も主観満載の内容・・失礼致しましたm(__)m

Copyright©2014 OCEAN All Rights Reserved.

心静かに安寧の眠りを祈る家族葬 満池谷斎場

2018年04月21日

20180420

 

 

突然訪れたお別れに、心がついていかない。現実を受け止めきれないまま迎える儀式の時間。多くのお葬儀をお手伝いさせて頂く中、ご家族の心の内に触れる時間があります。耳に響くお経が徐々に「別れ」を感じさせる通夜の儀。全てに心の準備が出来ていなかったご家族様が少しずつ現実に向き合っておられるご様子を感じます。向き合い、受け入れる。辛い時間ではありますが少しずつ故人様との想い出に触れる事でまた一つ受け入れて行く。この繰り返しで心の整理を行う時間が葬儀なんだと思います。家族5人でお送りされた喪主様。ご家族に向けてご挨拶に立たれました。刻まれた言葉には感謝と自責、そして支え合う家族の絆と故人様の為に家族仲良くこれからもずっと。自身を支え続けて下さった故人様の様に、自身も家族を支える。その想いに筆者は自身と置き換えてました。いつも故人様やご家族様とのお話をお聞きすると気づかされます。「あなたは大切な人を支えていますか?甘えばかりではないですか?相手の想いを理解しようと努力してますか・・・?」今の時代、自分の事で精いっぱい、相手を思いやる気持ちが欠落してるのでは?と感じる事も多々あります。人は一人では生きれない。言葉に発するのはたやすいのですがそれを「現実」と理解していないのが本当のところ。その現実に「向き合いなさい」と気づきを与えて下さるこの「葬儀」の時間を、ご家族と一緒に大切にしたい、と改めて思うのです。

今回も主観満載の内容・・失礼致しましたm(__)m

バックナンバー

カテゴリー

Copyright©2014 OCEAN All Rights Reserved.