葬儀・家族葬・海洋散骨なら西宮・芦屋・尼崎|OCEAN(オーシャン)

尼崎 立花センチュリーホールの家族葬

2018年08月14日

20180813

 

 

 

尼崎市の立花センチュリーホールでの家族葬です。地域の自治会館で、式場、和室(控室)と続き間の洋室を備えた会館です。地域の方々は長く愛用されている自治会館で、家族葬から一般葬まで執り行えます。ご家族の強い希望でご家族と親しいご友人数名でお送りになられました。お通夜は執り行われず、近しい方々が集まって最期の夜を過ごされる1日葬のカタチを執られました。ご自宅も地域内ですので、自宅と行き来しながら故人様に寄り添われました。初めての事ばかりで「何がわからないのか、わからな・・」というご心境での打ち合わせで、ご年配のご親族様の助言も頂ながらご準備をなさいました。ご不安もおありだったと思いますが、一つづつ事を進める中で説明とご提案をしながら、ご当家様のご意思に添ってご予定を進めて頂きました。全てのご予定を終えられ、最後の喪主様のご挨拶には、安堵の表情も見えて「色々と力になってもらって無事に故人を送れて安心しました」とのお言葉も掛けて頂けました。ご自身が中心となるお葬儀は誰しも何回もありません。多くの方が初めてでしょう。ご親戚のお葬儀への参列、遺族としての参列はあれど内容まで把握できる立ち位置になる事は多くない。年配者の意見、少ない経験が頼りです。悔いなくお送り頂く為にも、私共も皆様の「わからない」を想像しながらお話を進めて参ります。

Copyright©2014 OCEAN All Rights Reserved.

尼崎 立花センチュリーホールの家族葬

2018年08月14日

20180813

 

 

 

尼崎市の立花センチュリーホールでの家族葬です。地域の自治会館で、式場、和室(控室)と続き間の洋室を備えた会館です。地域の方々は長く愛用されている自治会館で、家族葬から一般葬まで執り行えます。ご家族の強い希望でご家族と親しいご友人数名でお送りになられました。お通夜は執り行われず、近しい方々が集まって最期の夜を過ごされる1日葬のカタチを執られました。ご自宅も地域内ですので、自宅と行き来しながら故人様に寄り添われました。初めての事ばかりで「何がわからないのか、わからな・・」というご心境での打ち合わせで、ご年配のご親族様の助言も頂ながらご準備をなさいました。ご不安もおありだったと思いますが、一つづつ事を進める中で説明とご提案をしながら、ご当家様のご意思に添ってご予定を進めて頂きました。全てのご予定を終えられ、最後の喪主様のご挨拶には、安堵の表情も見えて「色々と力になってもらって無事に故人を送れて安心しました」とのお言葉も掛けて頂けました。ご自身が中心となるお葬儀は誰しも何回もありません。多くの方が初めてでしょう。ご親戚のお葬儀への参列、遺族としての参列はあれど内容まで把握できる立ち位置になる事は多くない。年配者の意見、少ない経験が頼りです。悔いなくお送り頂く為にも、私共も皆様の「わからない」を想像しながらお話を進めて参ります。

バックナンバー

カテゴリー

Copyright©2014 OCEAN All Rights Reserved.