葬儀・家族葬・海洋散骨なら西宮・芦屋・尼崎|OCEAN(オーシャン)

尼崎潮江福祉会館の自由葬

2018年10月08日

20181007

 

 

 

潮江福祉会館での自由葬。家族3名でゆっくりお送りなさいました。火葬場の都合上日程が1日空きましたが、体を休めるには十分なお部屋の福祉会館ですので、お通夜までの時間は自宅と行き来なさりながら、自由にお過ごしになっておられました。長くホームで過ごされた故人様。とても個性的だったと伺いました。ご家族様は、介護に、お世話にと苦労もしたそうですが、沢山のエピソードを伺っていると、親子関係の微笑ましいお話で、溢れ出る想いは「憎たらしさ」を強調したいのだけど、その言葉は深い愛情に満ちていました。ご遺影写真は満面の笑顔の故人様。そのお顔を家族には中々見せてくれなかったそう。ただ本当に素敵な笑顔で、故人様の晩年の充実した日々を思い浮かべる事ができます。家族には見せてくれない笑顔だったとしても、そのお写真から感じる「幸」に喪主様は心から喜んでおられました。「母は幸せだった」と。来月には大自然に還る故人様。海洋散骨をご希望で、お地蔵様の手元供養もご準備されました。喪主様が旅立つ時には、そのお地蔵様に納められた故人様のご遺骨と一緒にご自身も母なる海で眠ると決めておられるとの事で、後を受け継ぐお子様に伝えておられるそうです。

 

Copyright©2014 OCEAN All Rights Reserved.

尼崎潮江福祉会館の自由葬

2018年10月08日

20181007

 

 

 

潮江福祉会館での自由葬。家族3名でゆっくりお送りなさいました。火葬場の都合上日程が1日空きましたが、体を休めるには十分なお部屋の福祉会館ですので、お通夜までの時間は自宅と行き来なさりながら、自由にお過ごしになっておられました。長くホームで過ごされた故人様。とても個性的だったと伺いました。ご家族様は、介護に、お世話にと苦労もしたそうですが、沢山のエピソードを伺っていると、親子関係の微笑ましいお話で、溢れ出る想いは「憎たらしさ」を強調したいのだけど、その言葉は深い愛情に満ちていました。ご遺影写真は満面の笑顔の故人様。そのお顔を家族には中々見せてくれなかったそう。ただ本当に素敵な笑顔で、故人様の晩年の充実した日々を思い浮かべる事ができます。家族には見せてくれない笑顔だったとしても、そのお写真から感じる「幸」に喪主様は心から喜んでおられました。「母は幸せだった」と。来月には大自然に還る故人様。海洋散骨をご希望で、お地蔵様の手元供養もご準備されました。喪主様が旅立つ時には、そのお地蔵様に納められた故人様のご遺骨と一緒にご自身も母なる海で眠ると決めておられるとの事で、後を受け継ぐお子様に伝えておられるそうです。

 

バックナンバー

カテゴリー

Copyright©2014 OCEAN All Rights Reserved.