葬儀・家族葬・海洋散骨なら西宮・芦屋・尼崎|OCEAN(オーシャン)

故人の遺志に添った自宅家族葬

2017年10月12日

20171010

 

 

故人様のご遺志に添って全てのご準備をされた喪主様。生前からご相談を頂いておりました。ご自身に残された時間をご存じだった故人様は喪主様に色々お願い事をされておられました。そのお願いに一つ一つお応えになられる様にご相談を頂いておりました。「棺は海外ドラマにでてくるようなものってありますか?」「派手にはしてくれるなといわれてるんですが・・」「散骨にしてほしいと言われて・・・」お時間があった分、お願い事も日々変わる事もおありだったようで、喪主様はその都度確認のお電話を下さいました。一つづつカタチに変えられてその日を迎えられました。ご準備は整っておられましたので滞る事無くご予定は進み、翌日の海洋散骨をご希望でしたので、お骨上げ後にご自宅にお帰りになるご遺骨と一緒にご帰宅され散骨されるお骨は弊社がお預かりさせて頂いてご準備を致しました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

お葬儀翌日。ご家族ご親戚様11名様ご乗船になり、とても穏やかな天候の中、海洋散骨「海・そうそう」へご出航。ご家族皆様限られた船上の時間を自由にお過ごしになられ、笑顔の時間でした。喪主様はそのご様子を静かに見守っておられましたがその姿からは寂しさが伝わって参りました。故人様の遺志に添う事を最優先に予定を進められた喪主様。散骨式を終えられお帰りになる時には「故人の遺志に添う事が出来て、一つ約束を守れてホッとしてます」とお役目を務められたことに安堵なさっておられました。

 

芦屋市打出集会所 家族葬 

2017年04月07日

20170407

 

 

 

ご親族20名様程の家族葬。縁ある地域でのお葬儀をご希望でした。派手にはしたくないが、遠方からのご親戚様へのお心遣いもあり心伝わるカタチにしたいと伺いました。昨今の省略が進んだ小さなお葬儀のカタチではなく、慣例も重んじたお葬儀をご希望でしたので、お心に添える様努めました。ご親戚様皆様とてもフレンドリーな方々で、少し手狭になってしまう控室でしたが「家での葬儀みたいで、心易い」と終始リラックスされておられ賑やかに穏やかにお過ごしでした。打出集会所の式場は、丁度24名様のお席、控室もイス席でご年配の方々にも優しい会場です。お泊まりはホテルでしたので、遅くまでお話されていたそうで、本当に昔の様に自宅からお送りするお葬儀の様だったと思います。故人様の棺の前でお酒片手に思い出話・・・きっと故人様も参加されておられるんだろうな~・・^^ご兄弟、お子様、お孫様・・目を細め眺めておられる様に思いますよね 「いいお葬儀だな~」と思うのは皆さんの心が故人様に真っ直ぐ向いている事を感じた時・・・故人様が歩まれた人生、喪主様が感じておられるであろう故人様への感謝や労りの心。そんな思いを垣間見た時、いつも筆者は「こう有りたい」と思うのです。

芦屋西法寺 シンプルに送る家族葬

2017年01月22日

20170122-2

 

 

 

芦屋西法寺での家族葬。ご家族の想いは「シンプルに」でした。家族だけで静かに送ってあげたい、との気持ちを強くお持ちでいらっしゃいました。車椅子のご家族もおられるのでエレベーターのある会館が理想的。西法寺の式場は本堂で1F、控室は2Fですが、エレベーターで移動は自由にできます。ご親戚様からの供花は頂かれないから、と祭壇を少し大きくして親族一同供花だけご用意されました。凝った飾り付けも要らないから、と電飾灯などの祭壇飾りも外してすっきりシンプルな飾り付けを気に入って下さいました。誰にも気遣いなくご自身方のペースで自由にお過ごしになられました。お泊まりも男性陣にお任せになられたご様子で、積もるお話は夜遅くまで尽きなかった、と。それでも過ごしやすくゆっくりできたとお聞かせくださいました。ご高齢で入居施設からお越しになるご家族がいらっしゃる当家様が多くなってきたように感じます。まだまだ要介護の方が安心してお越し頂ける施設が整った会館は多くありません。ですが、やっぱり一緒に送りたい、最後に一目合わせてあげたいと思うのは当然ですよね。私だってそうします。長時間の滞在になるとお手洗いの事、お食事の事、何かと不便な事もありますが、スタッフでもお役に立てる事はあります。今回のご当家様も「介添え」のお手伝いをさせて頂きました。遠慮なくおっしゃって頂ければ心配なく最期の時間がお過ごし頂けると思います。ご家族皆様にとって最良の最期の時間になりますように・・・

芦屋西法寺の家族葬、華やかに

2016年12月20日

20161219

 

ご家族、ご親戚様8名での家族葬。会社関係には「家族葬」でと既に伝えておられご参列も辞退をお願いされておられました。供花やご弔電は各方面から到着があり、とても華やかに、故人様がお好きだったお花に囲まれたお式になってご家族皆様喜んでおられました。想い出のお写真もお飾りして和やかに通夜、葬儀と終えられました。故人様が望んだ通りの、その想いにご家族様の心を合わせたお葬式。長くこうして施行させて頂いたご当家様のご様子を文字にしてきていますが、家族の想いや心に触れるお葬式のお手伝いをさせて頂く度に「葬儀の意味」を考えます。規模?質?費用?場所?どれも重要な事なんですけど・・そこから葬儀の事を考えるととても物質的で、「葬儀をしなければ!」という義務感といいますか・・・故人様も皆様の想いも置き去りになってしまっているように感じる事があります。筆者の主観以外の何物でもないので違和感を持たれる方もいるかもしれませんが、どうかお許しくださいね^^;数多くのお葬儀の現場に立ち会わせて頂きたくさんのご当家様のお手伝いをさせて頂いてきました。どの家庭にも何らかのご事情はあります。少人数の家族葬でも家族の気持ちをカタチにしたら、とても華やかになるお葬儀、沢山のお参りがあるけど高額なカタチのお葬儀にはしてあげられない。本当に様々です。でも「してあげたい」想い、大切だと思うんです。親族様、皆さんの想い、事情、折り合いがつくところは必ずあります。「今できる事」と「想い」を合わせたらそれが皆様にとっても、故人様にとっても一番の「お葬儀のカタチ」だと思います。お葬儀は他の「誰か」の為ではなく、故人様を大切に想う「あなた」の為の儀式。だと筆者は思いますし、今日のご当家様から感じ、またお教え頂きました。想いはカタチに出来ます。ご相談下さいね。

 

 

 

故人の想い。残された家族の想いと一緒に送る家族葬。

2016年08月20日

 

 

甲子園口6丁目の市営福祉会館お借りした家族葬。故人様の強いご希望で、「静かに家族だけで送りたい。自宅には帰れないけど最期までずっと側に付き添いたい。」とのご要望でした。

 

直葬はいくらなんでも偲びない。どうにか出来ませんか?とご相談頂き、小さな祭壇とお花をお飾りするプランをご提案。ご当家様も喜ばれ「自分たちの気持ちがカタチになりました」とおっしゃって頂きました。

 

本当にご家族だけでゆっくり故人様に寄り添われ、誰に気遣う事無く自由に心のままにお過ごしでした。

 

車椅子でお越しのご家族様も、そのままお部屋にお入り頂けますし、館内の移動も無理なく車椅子のままご移動頂けます。お手洗いもお手添えは必要ですが専用wcも完備しています。

ご家族5名様でのお見送りでしたが、温かい家族のぬくもりいっぱいのお別れでした。

 

「葬儀」の形は日々変化しています。古来の慣わしで今に受け継がれているのはとても大切な事です。ただ、核家族化が進み代々伝えるべきものが途中で途切れてしまって、「無宗教」という形が多くなっているように思います。この度お手伝いさせて頂いたご当家様は国籍の関係もあり、ご自身方の心もしっかり定まっておられましたが、「わからないから無宗教」になってしまわない様、自分の「ルーツ」を遡るのも故人様との絆を発見する「葬儀」の意義の様に思います。

 

芦屋西法寺、心尽くしの家族葬

2016年05月22日

 20160519

 

 

芦屋西法寺会館での家族葬。

ご当家様は事前に沢山の葬儀社にお問い合わせをされたり、インターネットでの情報収集をされておられました。溢れる情報に混乱し、「何が何だかよくわからなくなった」とおっしゃっておられました。

 

最終に当社へとたどり着かれ、詳細な打ち合わせをさせて頂いたのですが、求める葬儀の形。故人への想い。おもてなし。ご当家様の意志は明確で、その想いはスタッフにも十分に伝わっておりました。

 

ご要望に添える様、大切に想われている事をカタチにできるよう努めました。

 

40名様程のご親戚様。

予定されていた人数以上のご参列で、通夜振る舞いのお席は少し窮屈だったのですが、皆さんとても賑やかに過ごされ、お話は尽きずご当家様の緊張感も和らいだご様子でした。

 

20160519西法寺和室    20160519-2

 

 

 

 

 

西法寺会館。

外観はコンクリート打ちのモダンな装い。一歩中へ入ると風格ある本堂。ご利用になる方はその雰囲気に引き込まれるそうです。

 

2階に控室となる和室があります。襖を抜いて広く使用もできます。各フロアーに御手洗、シャワー室も完備。エレベーターもあり、地域の皆様からもとても愛されている寺院です。

 

当社からご紹介させて頂き、今回お葬儀を執り行われたご当家様。とても雰囲気良く格式あっていいお葬儀になったとご満足頂けました。

 

葬儀会館もお考えだったそうですが、やはり寺院でのお葬儀にしてよかったとおっしゃっておられました。

芦屋市打出集会所、1日葬

2016年03月01日

1日葬でのご依頼でした。

 

家族葬との事でしたが、ご親戚様が多く

30名様程のなるとの事。

 

芦屋市内での葬儀をご希望で極力費用面を抑えたいという

ご希望もあり、地域集会所を手配させて頂く事になったのですが

芦屋市内の各集会所は、地域コミュニティとして開放されていて

どちらの会場も何か月も前から皆さん予約されています。

 

また、各集会所も設備が整っていて、内装もとても綺麗。

使いやすく、和室から洋室へとリフォームされていたり

現在工事中のところもあります。

 

中々当日空いている場所がなく、ようやく打出集会所様に

快諾を頂く事ができました。

 

 

 

 

ただ、少々手狭で・・・収容人数は20名程の式場でした。控室のご準備はありましたので、式場が整うまでは皆様そちらでおくつろぎになって頂けました。

 

式場いっぱいいっぱいのお席にはなりましたが

喪主様はじめ、ご親戚皆様はとても喜んでおられて

「十分ないいお葬儀でした。色々お気遣い頂きましたが

一体感のあるこちらの式場でお葬儀できて、みんな満足です」

とお声掛け頂けました。

 

 

葬儀会館を選ばれず、地域会館や寺院会館などでのお葬儀を選ばれる方々が今、増えてきております。

 

シンプルに家族だけで。

そう願う多くの方々にとって、「自宅近くで」

という想いがまた、強くなってきているのかもしれませんね。

芦屋西法寺会館。家族で送る1日葬

2016年02月25日

以前お手伝いさせて頂いたご当家喪主様からのお電話。

 

「以前と同じようにお願いしたい」

 

芦屋西法寺会館での1日葬をご希望でした。

 

 

以前ご利用になられて、とても気に入られた西法寺会館。

ただ近代的な造りの寺院で天井も高く

この時期少し冷えるのでは・・と心配なさっておられました。

 

ご高齢の故人の奥様の体調に細心の注意をされておられたので

安心してお過ごし頂ける万全の体制を整えお迎え致しました。

 

 

 

 

家族5名様の1日葬。

皆様のご負担を最小限に、ご準備をされておられました。

 

芦屋市聖苑までのご移動も、タクシーをご利用になられ

お食事は、ご家族馴染みのお店を手配されました。

 

ご家族だけの心安らぐ時間を有意義にお過ごしになられました。

 

 

 

 

お別れの時。

棺に手を添えられ、堪えたご様子でお立ちになられている

奥様のお姿が印象的です・・・

震える手で故人様に触れつつ

沢山のお花を棺いっぱいに納められました。

 

 

何度も優しく、とても愛おしそうにお顔を撫でられ

言葉はなくても、故人様への深い愛情を感じました。

 

 

お帰りの際には

 

「あなた方は、またお願いしたいと思えた皆さんでした。

今回もお願いして、本当に良かったです。

色々ご配慮下さってありがとうございました。」

 

 

とのお声掛けを頂きました。

スッタフ一同、感謝の想いでいっぱいです。

 

これからも、お客様に「必要」とされる

「この人なら」と思って頂ける葬儀社であるよう

精進して参ります。

自宅から、心を込めて送ります

2016年01月09日

家族葬が主流となって、大きな広い葬儀会館でのお葬儀は

「寂しい」感じがする・・・

 

今また自宅でのお葬儀を考える方が増えてきました。

 

「自宅に帰るんだから、わざわざ別のところでする必要がない」

「家族だけで、故人の愛着ある自宅から送ってあげたい」

「派手な立派な祭壇はいらない。家族の心に残るお葬儀を」

 

 

さまざまな想い、カタチに囚われない心。

家族の想いが一つになって、故人を想い送る。

葬送のカタチは変われど想いは変わる事はありません。

 

今回お手伝いさせて頂いたご当家様もそんな想いをお持ちでした。

 

 

 

 

お付き合いの深いお寺様にお参り頂き、ご家族で故人様を囲む。

ご家族の生活の中で、故人様は静かに休んでおられました。

 

 

いつもの様に「おはよう」とお声を掛け、お顔に触れながら心の対話をする・・・

 

少しずつ故人様とのお別れを受け入れながら

お過ごしになったと伺いました。

 

 

ご自宅だからこそ過ごせた時間。

ご自宅だったから、心の整理もつけれた・・・

 

慌ただしく準備をして、式場へ行かなくてはならないストレスもなく

想いのままに、故人様の為にめいいっぱい時間をかけてあげれる。

 

穏やかに最後の時間を過ごせたとおっしゃっておられました。

 

 

家族の「想い」を込められた、温もり溢れたお式でした。

芦屋市 故人の遺志を大切に。火葬式

2015年10月30日

故人様の強いご希望で、ご自宅での火葬式をご依頼頂きました。

 

「派手にする必要はない。家族がいてくれればいい。」

 

故人様が望まれた通りの「葬送のカタチ」を選ばれたご遺族様の「想い」

 

ご闘病中、ずっと「家に帰りたい・・」とおっしゃっておられた と伺いました。

 

 

 

 

大好きだったご自宅で、大切なご家族様に囲まれ

最後の時間を共に過ごしたい。

 

望みは叶えられ、静かに眠る故人様のお顔はとても 穏やかでした・・・

 

お別れ前に、故人様との想い出をお話下さったのですが

 

「毎日が楽しくて・・幸せだった」

 

とお棺に目を向けられた表情は

共に歩んだ充実した人生の終焉に

 

「ありがとう」

 

と感謝の心が写る微笑みに見え

穏やかな故人様のお顔と重なり

 

「こんな風に送り、送られたい」

 

と素直に感じた、心洗われる時間でした。

 

 

別件ですが、やはり同じような想いでご自宅で送られたご当家様。

 

常に誰かが側にいて、日常の中で故人様を送る。

 

「非日常」になりがちな葬儀ですが ご家族にとっては

いつも通りの朝だった様です。

 

 

 

 

故人様が望んだお別れの「カタチ」

 

色んな考え方、想いがありますが

ご家族皆様が納得なさり

悔いなくお送り出来たのなら

何よりのご供養なのではないでしょうか。

 

 

今の葬送の「カタチ」は昔のそれとは 大きく変わりました。

 

慣習に準えば、簡素化されすぎて疑問視もされています。

 

旅立つ方の残した想いと、残されたご家族の気持ちが繋がり

皆様にとって一番いい葬送の「カタチ」をお選びになる事を

心から願っております。

 

 

そのお手伝いが出来る様、私共も日々精進致して参ります。

1 / 212

バックナンバー

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年6月
  • 2014年4月
  • カテゴリー

  • 自由葬
  • 未分類
  • 施行事例
  • 川西市
  • 宝塚市
  • 伊丹市
  • 尼崎市
  • 神戸市
  • 芦屋市
  • 西宮市
  • 海洋散骨
  • 教会葬
  • 寺院葬
  • 斎場葬
  • 会館葬
  • 御送葬
  • 自宅葬
  • 家族葬
  • 火葬式
  • Copyright©2014 OCEAN All Rights Reserved.