葬儀・家族葬・海洋散骨なら西宮・芦屋・尼崎|OCEAN(オーシャン)

尼崎市 地域福祉会館でのお葬儀 地域の皆様と共に

2017年06月19日

20170618

 

 

尼崎市の北町福祉会館で執り行われたお葬儀。地域から送り出してあげたいとご家族のご希望でした。地域活動に貢献され育んでこられた繋がりを強く感じたお葬式。家族葬で・・と思われていらっしゃいましたが、スタッフは「それは難しいですよ・・ね」準備はしっかり整えました。ご近所様や会社関係の方には「家族葬で」と伝えてはおられましたが、故人様やご家族様の立場や地域での活動を考えると。。それは難しい。家族葬が増えて周りの方々もご参列を考える様な風習になりつつはありますが、全てがそうとは限らず。約40名のご参列を頂いたお葬儀になりました。ご当家様は慣れ親しんだ福祉会館とあって、自由にリラックスなさって2日間過ごされました。喪主様はお年も若くいらっしゃって緊張ぎみではありましたが、しっかりとお役目を務め上げられました。「何から何までお世話になって、無事送れました。ありがとうございました。」とご家族皆様ご納得のお葬儀が出来た事を喜んで頂く事も出来ました。時に、ご家族の想いとは裏腹に多くのご友人や縁ある皆様がお越になるお葬儀もありますが、結果沢山の方々にお別れして頂けた事を喜ばれます。お付き合いや今後を思うと煩わしい事が先に立ちますが、ご参列の方々は「ただただ最期のお見送りをしたい」との思いでお越になっておられます。家族にとっての最期の時間、縁ある方々にとっても最期の時間である事には変わりはありません。皆様の想いも故人様に届けて頂きたいと願います。

西宮市満池谷斎場 家族葬

2017年06月16日

20170615

 

西宮市満池谷斎場での家族葬。当初は和室でのお葬儀をご希望だったのですが、満池谷斎場は使用率が高く2日程お待ち頂かなければならない事から、広くはなりますがホールでの家族葬に決められました。使用料も変わりますが、ホールの場合、式場と控室が別々な為、ご親族様にとってはゆったりお過ごし頂けます。家族葬でも20名様前後いらっしゃるのであれば、ホールを使用された方がゆっくりお過ごしいただけるのではないでしょうか。

長い闘病を経て旅立たれた故人様への感謝を込められた家族葬。最期の時間は家族で送りたいという思いが伝わってきます。必ずどなたかが故人様のお側に寄り添われ、話しかけておられました。夜遅くまでお話は尽きず朝はゆっくりお休みになっておられました。時間も長くなるので、式場の準備は整えてお目ざめまではそっとそーーーっと・・。お葬儀の時って皆さん気を張り詰められておられて、バタバタ準備に追われ、ご予定全て終えられて疲れと一緒に「何が何だかわからないまま終わった・・」と思われる方も多くありません。家族葬が主流になって、お越になる皆様の対応に追われる事は少なくなり、心穏やかに過ごす事が出来る様になってきたように思います。出来る限り「故人様との最期の時間」を有意義に、そして一緒に過ごした最期の想い出として記憶に残るお葬儀になる様お手伝いさせて頂きたいと思っております。「想像していたより本当にいいお葬儀で、故人も喜んでいるだろうし、家族皆満足してます」と喪主様からお声掛け頂けた事でスタッフ一同、お手伝いさせて頂けた事を嬉しく思います。そしてまた「ご家族の心」に寄り添えるお手伝いが出来るよう邁進する事ができます。

故人100年の人生を想う家族葬。西宮市満池谷斎場

2017年06月10日

20170609

 

 

 

事前にご相談を頂いてたこの度の家族葬。ご高齢のお母様をお送りになるご準備をなさっておられました。故人様は100歳。そのお年からご家族様も派手にお送りする事は考えておられませんでした。近しい家族だけで静かに送りたいとのご要望と、だからといって質素ににはならないように・・・皆様のイメージに、より近くなる様にお話を進めさせて頂きました。子、孫、ひ孫。故人様を想う方々が集われた2日間。最期の看取りの時間で少しお疲れも出されておられましたが、滞りなくご予定を終えられ思い通りにお見送り出来た事に安堵されておられました。長寿の時t代。100歳を超えた故人様をお送りするお手伝いも少なくありません。100年・・どのような人生を歩まれたんだろう。厳しい時代を知る方の旅立ちに、いつも感謝と敬意の思いが込み上げます。勝手な感情移入で失礼かもしれませんが・・・お許しくださいね。古き良き時代も、争いに翻弄され生きる事すら厳しい時代を乗り越えられたであろう故人様を人生を想う時(想像ですが・・)心から尊敬の念にかられます。先人方がいてくださったから今、全ての生があります。もちろん、故人様ご生前のお姿は知る由もありませんが、今を生きる私に「先はまだ長い、頑張りなさい」とおっしゃってくださってる、そんな気がするのです。今日もまた筆者の勝手な主観満載で失礼しましたm(__)m

西宮市満池谷斎場1日葬  

2017年06月19日

20170607

 

 

満池谷斎場和室での家族葬。1日葬として執り行われました。ご家族のご事情もあって、1日葬をご希望になりました。満池谷斎場は1日葬であっても2日間の使用になります。お通夜のお参りがなくてもご安置はお通夜の日から。ご家族のお付き添いが可能な為、ほとんどの方が故人様との最期の夜を一緒に過ごされます。「ゆっくり過ごせる」と満足度も高く、ご予算的なところもカバーできる会館です。「火葬だけは嫌なんです」おっしゃっておられたご当家様でした。「小さな祭壇でいいから葬儀の形を」とご予算に応じてご提案しました。ご親戚様にはご供花をお願いされ、十分な形になったと喜んで頂けました。16名様の家族葬。ここ数年で家族葬もどんどん小さくなりました。故人様とより繋がりの深い家族だけ、という形になりつつあります。高齢化が進み故人様のご兄弟姉妹にお声を掛けて遠方から来てもらう事に配慮なされる方が増えました。時代の流れではありますが、家族葬にもメリット、デメリットがあります。それぞれの状況に合わせてご送葬のあり方をお決めになって頂きたいと思います。全てにおいて「合理化」は進んでいますが、心の「合理化」は出来ません。家族の「想い」がカタチに出来るようお手伝いさせて頂きますので、是非ご相談下さい。

故人の為に心を尽くした家族葬 西宮聖天寺

2017年05月20日

20170519

 

 

 

家族5名の家族葬。西宮聖天寺で家族だけの最期の時間をご当家様のペースでお過ごし頂きました。

なるべく費用を抑えて。今後の事も十分に考えられての事でした。故人様への想いは慎ましくも心を尽くしてご準備をされる事で、お話をされていたそうです。故人様の想いとご家族の想いが一つになって執り行われたお葬儀はとても温かい、ほのぼのとした家族の団らんそのままに滞りなく進みました。ここ数年、ネットからの波及が進む式中初七日をご希望になられ、お寺様のご理解も得られたことからお骨上後は直接ご自宅に戻られ、お疲れを癒されました。

高齢化に伴なってか、様々なところで簡略化が進んでいます。告別式のお読経に続いての初七日法要。まだまだお寺様のお許しがない時も多く、ただ「時間」だけを考えての略式はいかがなものかとも思いますが、時代の流れ、葬儀形態の急速な変化に合わせると、ご当家様の身体のご負担も軽減できる事から徐々に受け入れられていく事になりそうな式中初七日法要です。

お知りでないお寺様もおられるので、突然「式中でお願いします。」とお伝えしてしまうと混乱もあるかもしれませんので、お付き合いのあるお寺様には、まずはご説明から・・が必要です。

あくまでも、「インターネットの世界」から広がっているという事をご理解下さいね。

西宮満池谷斎場 家族、友人、地域の繋がり感じるお葬式

2017年04月13日

20170412

 

 

西宮市満池谷斎場でのお葬式です。地域の皆様がお越になりやすいようにとご家族のご希望でした。故人様は長く地域の発展にご尽力されてこられました。自治会活動に心を尽くされ、多くの皆様との絆を築いてこられた故人様。ご家族、ご友人と沢山の方々にお見送り頂かれたお葬式でした。地域の繋がりが薄くなりつつ現在、阪神間の各自治体は、大震災を経験し、地域の繋がりの大切さを重んじ再構築出来る様活動されています。地域の中で子供の成長を見守り、高齢者を支え、活気ある地域になるように・・葬儀に色濃く見える「お付き合いの希薄」は気づかいもありますが「煩わしさ」が先行し家族葬や火葬式が主になっているように思います。昔の様にご近所、知人、会社関係とお越頂くような大きなお葬儀は必要無いかもしれませんが、故人様が歩んで来られた人生の最期、その人生を彩って下さった多くの人に感謝を込めてお別れをして頂く事が、故人様、縁ある皆様、そして残されたご遺族様にとって「心の平穏」になるのではないでしょうか。この度のお葬式は、その必要性を改めて教えて下さった時間でした。故人様からの最期のご教示。しっかりと受け止めたい・・そう感じたお葬儀でした。

芦屋市打出集会所 家族葬 

2017年04月07日

20170407

 

 

 

ご親族20名様程の家族葬。縁ある地域でのお葬儀をご希望でした。派手にはしたくないが、遠方からのご親戚様へのお心遣いもあり心伝わるカタチにしたいと伺いました。昨今の省略が進んだ小さなお葬儀のカタチではなく、慣例も重んじたお葬儀をご希望でしたので、お心に添える様努めました。ご親戚様皆様とてもフレンドリーな方々で、少し手狭になってしまう控室でしたが「家での葬儀みたいで、心易い」と終始リラックスされておられ賑やかに穏やかにお過ごしでした。打出集会所の式場は、丁度24名様のお席、控室もイス席でご年配の方々にも優しい会場です。お泊まりはホテルでしたので、遅くまでお話されていたそうで、本当に昔の様に自宅からお送りするお葬儀の様だったと思います。故人様の棺の前でお酒片手に思い出話・・・きっと故人様も参加されておられるんだろうな~・・^^ご兄弟、お子様、お孫様・・目を細め眺めておられる様に思いますよね 「いいお葬儀だな~」と思うのは皆さんの心が故人様に真っ直ぐ向いている事を感じた時・・・故人様が歩まれた人生、喪主様が感じておられるであろう故人様への感謝や労りの心。そんな思いを垣間見た時、いつも筆者は「こう有りたい」と思うのです。

西宮市満池谷斎場の家族葬

2017年03月30日

20170330

 

 

満池谷斎場での家族葬をご希望でした。ご遺族ご親戚15名様までの家族葬。満池谷斎場の和室式場兼控室は、家族葬希望の方にとても喜ばれている式場です。市営斎場なので使用料はリーズナブル。立地も良く、お越しになる皆様にも分かりやすい。駐車スペースも十分ですし、万が一満車でもコインパーキングが隣接してて心配ありません。ただ、この和室式場は家族葬専用。ご友人や会社関係の方がお越になる場合は利用できず、またご家族だけでも20名を超える場合は使用できません。この辺りは市営施設のルールに添う必要がありますので、ご親族の人数が多い場合はもう一つの式場ホールをお勧めしております。ご親戚様12名でのお葬式。ご遺族様は「アットホームな雰囲気でいい感じ~」と喜んでおられました。賑やかな時間をお過ごしになられ、ご自宅も式場からお近くとあってとても自由におくつろぎになっておられた様です。葬儀会館でのお葬儀も、すべて揃っていて便利にも思えますが、お客様のご様子を見ているとそうでも無い様な感じ・・・?気持ち的な事なのか何なのか・・ご自宅感があるんでしょかね^^気が急く事が何かと多いお葬儀の場で、ご当家様が少しでも安らげる時間をお持ち頂けることは大切な事だと思います。その雰囲気ある式場をご提案出来て良かったです。

神戸、無量寺での1日葬

2017年03月25日

20170325

 

 

神戸市東灘区、無量寺での1日葬。ご家族のご希望でした。地域から送りたいとの想いがおありだった様です。遠方からお越し下さるご親戚様への配慮から1日葬を望まれました。無量寺様は本堂を利用した葬儀も可能ですが、今回は家族葬という事もあり1階ホールでのお式です。2階の和室は、ゆっくりとお過ごし頂ける控室です。駐車場も式場入口に8台ありご利用の皆様には好評の式場で、阪神青木駅からも近く大きなお式であってもご利用頂けるとても利便性に優れたお寺です。喪主様はご高齢ではありますがとても・・・お茶目さん^^ご家族も、私たちスタッフも和ます存在。穏やかで笑顔ある時間でした。ご親戚様がご到着されると故人様のお話に涙され、心の悲鳴を皆様がしっかりと受け止められておられる様子は、筆者の心を締め付けました。多くのご遺族様が、気丈に元気に明るく振舞われて「心の整理」をなさっておられる事は理解しているつもりです。お話しているうちにその「気持ち」は「おいてけぼり」になってしまっていました。もちろんご当家様の本当の「お心」を受け止めようなんて大それた事は言いませんが・・・もっと寄り添えるようになりたい、と思う時間となりました。

米寿祝に想いを込めて・・1日葬

2017年03月10日

20170309

 

 

1日葬。お通夜はなく、お葬儀だけ行う近年増えてきた形式のお葬儀です。元々は関東圏など火葬場待ちが長く4、5日待ってのお葬儀になる為、家族の負担軽減の意味も含め始まった葬儀のカタチと言われています。関西でも認知されつつあり、ご事情や状況に応じて対応している状況です。まだこの地域では長い火葬場待ちは無い為、ご家族の事情、状況が理由の多くです。葬儀当日、ご家族が式場へとお集まりになりました。お誕生を迎えられたら88歳になられた故人様。元気になったらみんなでお祝いしようとご用意されていた米寿のお祝いの品をお持ちになっておられました。お渡しできなかったお品。喜んでくれてるお顔は見ることが出来なかった・・・様々な想いがこみ上げてきたのだと思います。止まらない涙にご家族の想いを感じました・・・自由葬として執り行ったこの度のお葬式。ご遺族10名様でのお見送りでした。それぞれの感情が溢れ出るとても温かい家族葬。お手伝いさせて頂いてはおりましたが、皆様だけの最期の時間をお邪魔してはいけない気がして、そっと遠くからご様子を伺いつつお困りな時だけお側に・・福祉会館ではありましたがご自宅でお過ごし頂いてる様に感じて頂ける様努めた時間でした。

バックナンバー

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年6月
  • 2014年4月
  • カテゴリー

  • 自由葬
  • 未分類
  • 施行事例
  • 川西市
  • 宝塚市
  • 伊丹市
  • 尼崎市
  • 神戸市
  • 芦屋市
  • 西宮市
  • 海洋散骨
  • 教会葬
  • 寺院葬
  • 斎場葬
  • 会館葬
  • 御送葬
  • 自宅葬
  • 家族葬
  • 火葬式
  • Copyright©2014 OCEAN All Rights Reserved.