葬儀・家族葬・海洋散骨なら西宮・芦屋・尼崎|OCEAN(オーシャン)

芦屋市 故人の願い・・自宅葬

2018年01月03日

20180102

 

 

 

新年を迎えたその日、故人様は静かに旅立たれました。故人様とご家族の願いは「自宅へ帰る」事。大切な「家」での最期を・・この願いは叶える事は出来ませんでしたが、ご出棺までの時間はご家族と最期の時間をご自宅で、そして大切な方が眠るお仏壇の前で休まれました。「よかったね~。帰ってこれて最期みんなで家で過ごせて良かったね・・・」とご家族も安心されて、十分な時間を過ごされた様です。仲良しのお仲間様に髪を整えて頂いたり、髭を添って頂いたり・・。誰に気遣うことなく、してあげたい事を存分になさっておられました。「悔いなく」送ってあげたいとお式までの時間お話下さいました。故人にとっても、家族にとっても悔いのない最期を過ごす事が、残された方々にとって今後の心の整理に繋がっていくと思います。盛大なお葬儀をすることがあなたにとって大切な事なら、想うようなお葬儀を進めるべきですし、形では無い事で、ご家族の心が落ち着き、安心して送りだして差し上げれるのなら、それを大切にして頂きたいと思います。最近はお葬儀のカタチに拘らない方が多くいらっしゃいます。そのカタチが本当にご家族のベストならいいのではないでしょうか。お葬儀は一つの「心の区切り」。一つ一つの事を進めて行く中で少しずつ別れを受け入れていく事ができる。これもまた大切な事です。

望み・・自宅葬 西宮市

2017年12月30日

20171229

 

 

ご自宅での家族葬。年の瀬迫る中、ご家族は故人様の望みに添える様にとご準備をなさっておられました。お住い近くの福祉会館での家族葬を想定されておられましたが、時期的に難しい状況で当初から考えておらえた自宅でのお葬儀は出来ない物か・・とのご相談を頂きました。十分な広さもあり、お棺も入る事もできるので、ご希望に添える事をお伝えするととても喜ばれ、そして何より安心されました。10人程の家族葬との事でしたが、実際には20名様以上の方々にお越し頂き、故人様はじめご家族との縁深い皆様にお送り頂きました。自宅から送ってあげたいと思う方は多いのに、ご相談なく諦めてしまわれる方もいらっしゃいます。ぜひ一度、諦めてしまう前に葬儀社にご相談頂き、それで色々な状況で「無理」なのであれば会館などでのお葬儀をお考えになって頂きたいと思います。物の移動など、ご家族にお手伝い頂かなければならない状況もありますが、故人様やご家族の皆様の想い出詰まったご自宅からお送りできる事は、一番の安らぎではないでしょうか。今の時代、「家族葬」が主流。縁ない葬儀会館より地域の福祉会館、それよりも家族の愛情感じる自宅での最期のお別れは、残された方々にとって心の支えとなるはずです。

故人の遺志に添った自宅家族葬

2017年10月12日

20171010

 

 

故人様のご遺志に添って全てのご準備をされた喪主様。生前からご相談を頂いておりました。ご自身に残された時間をご存じだった故人様は喪主様に色々お願い事をされておられました。そのお願いに一つ一つお応えになられる様にご相談を頂いておりました。「棺は海外ドラマにでてくるようなものってありますか?」「派手にはしてくれるなといわれてるんですが・・」「散骨にしてほしいと言われて・・・」お時間があった分、お願い事も日々変わる事もおありだったようで、喪主様はその都度確認のお電話を下さいました。一つづつカタチに変えられてその日を迎えられました。ご準備は整っておられましたので滞る事無くご予定は進み、翌日の海洋散骨をご希望でしたので、お骨上げ後にご自宅にお帰りになるご遺骨と一緒にご帰宅され散骨されるお骨は弊社がお預かりさせて頂いてご準備を致しました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お葬儀翌日。ご家族ご親戚様11名様ご乗船になり、とても穏やかな天候の中、海洋散骨「海・そうそう」へご出航。ご家族皆様限られた船上の時間を自由にお過ごしになられ、笑顔の時間でした。喪主様はそのご様子を静かに見守っておられましたがその姿からは寂しさが伝わって参りました。故人様の遺志に添う事を最優先に予定を進められた喪主様。散骨式を終えられお帰りになる時には「故人の遺志に添う事が出来て、一つ約束を守れてホッとしてます」とお役目を務められたことに安堵なさっておられました。

 

絆育んだ人生の集大成 神戸市自宅葬

2017年07月13日

20170712

 

 

神戸市の自宅葬。以前当社施行のご友人様のお葬儀に参列されておられた方からのご依頼でした。「とてもアットホームな雰囲気だったのでお願いしたいとおもってました」嬉しいお言葉も頂いてお話を進めてさせて頂きました。家族葬とはいえご把握できているご親族様だけでも30名様。全ての方々となると60名は超えるだろう・・・でもお招きする方々は30~40名で抑えようと思う。とても立派なご自宅で・・・故人様への感謝を込められてご用意されたお葬儀です。華やかに、賑やかに執り行われ40名様強の方々が通夜葬儀ともお集まりになられました。ご親族様との会話では「やっぱり葬儀会館よりは少し狭いか?」・・・そ、そうですね~^^;いや、十分ホール以上のご自宅だと思います。「ええ様にやったってくれな~」・・・かしこまりましたm(__)mご遺族のご意向もあって途中韓国式の儀式にも対応させて頂きました。最近では省略されるご遺族様も増えてきていましたが風習、慣例を重んじる儀式はやはり素晴らしいな~と思いました。全てを故人様へ。感謝の想い、人生への労い、そして皆様の寂しい思いと悲しみの心。全部全部・・・・故人様へ。自宅葬は故人となられた愛しい人をこれから先もずっと感じる事ができるお葬儀になる事でしょう。だって・・最期の時、故人様は玄関から旅立たれたんですもの。それが「さよなら」だったのか「行ってきます」だったのかを感じるのは・・・ご家族様の心だけが知る所です。

 

想い出溢れる自宅葬。川西市

2016年11月11日

20161110

 

 

突然の別れ。何が起こったのか・・・。

ほんの数時間前まで一緒にテレビを見てお茶飲んで・・・何気ない1日、変わらない笑顔がそこにあった。はずなのに。

お葬儀が終わった後、受け止めきれない現実をお話下さった喪主様。「家」の中には故人様と歩んでこられた「日常」があって思わず無意識に話しかけてしまいそう・・・返らぬ声に気付く度、「逝ってしまった」事を少しずつ受け入れておられたのでしょう。

ご自宅でのお葬儀を望まれ、ご親族様と親しいご友人様で送られました。「自宅葬は大変」と思っておられる方も多いかもしれませんが、本当の意味での「家族葬」って、こういう事なんだ、と再認識させて頂けた今回のお葬式。家族の「おもてなし」を気心知れた方々へ、「故人を偲ぶ」事を最優先に最期に時間を共有する。過ごす空間には故人様が残した跡がたくさんあります。想い出に直接触れながらお送りできる、してもらえる大切さ。葬儀会館にはない温もりと家族本来の姿、そして自宅葬の持つ意味をご家族のお姿から学ばせて頂きました。今後ますます「家族葬」や「直葬」を望まれる方々が増えていく事は避けられません。想いは形に変える事が可能です。本当は自宅から送ってあげたいと思われている方もいらっしゃるはずです。「無理」だと思い込まず一度ご相談頂きたいと思います。

その想い、カタチに変えるお手伝いさせてくださいね。

 

 

自宅から、心を込めて送ります

2016年01月09日

家族葬が主流となって、大きな広い葬儀会館でのお葬儀は

「寂しい」感じがする・・・

 

今また自宅でのお葬儀を考える方が増えてきました。

 

「自宅に帰るんだから、わざわざ別のところでする必要がない」

「家族だけで、故人の愛着ある自宅から送ってあげたい」

「派手な立派な祭壇はいらない。家族の心に残るお葬儀を」

 

 

さまざまな想い、カタチに囚われない心。

家族の想いが一つになって、故人を想い送る。

葬送のカタチは変われど想いは変わる事はありません。

 

今回お手伝いさせて頂いたご当家様もそんな想いをお持ちでした。

 

 

 

 

お付き合いの深いお寺様にお参り頂き、ご家族で故人様を囲む。

ご家族の生活の中で、故人様は静かに休んでおられました。

 

 

いつもの様に「おはよう」とお声を掛け、お顔に触れながら心の対話をする・・・

 

少しずつ故人様とのお別れを受け入れながら

お過ごしになったと伺いました。

 

 

ご自宅だからこそ過ごせた時間。

ご自宅だったから、心の整理もつけれた・・・

 

慌ただしく準備をして、式場へ行かなくてはならないストレスもなく

想いのままに、故人様の為にめいいっぱい時間をかけてあげれる。

 

穏やかに最後の時間を過ごせたとおっしゃっておられました。

 

 

家族の「想い」を込められた、温もり溢れたお式でした。

川西市、縁あるたくさんの心に包まれた自宅葬

2015年12月13日

川西市内の自宅での1日葬の依頼でした。
深夜の病院迎えで搬送後、少しお打合せさせて頂いたのですが

お知り合いのご寺院様にお願いされるとの事で、ご自身でお願いした、との事。

 

関西ではまだあまり馴染みない「1日葬」ですが、ご寺院様はご理解くださってるかお伺いしましたら

「お枕経、通夜もきてくださるそうです^^」

 

・・・ご理解頂けてないかも。

 

少し気になりましたが、お寺様へ1日葬だとはお伝えなさっているそうで、お通夜はご当家様にお任せしました。

 

 

20151203-1

 

 

ご近所の方がお参りに来られた際に「綺麗に飾ってもらったね~」と

自宅でもこんなに立派に出来るんだ私も自宅でお願いしようっておっしゃっていたと喪主様から伺いました。

 

「オーシャンさん紹介しといたよ^^」

 

喪主様・・ありがとうございます

 

ご家族皆様とてもフレンドリーに接して下さって

筆者はすっかり皆さんの中に溶け込んでしまっておりました。

 

開式前にはご親族様がピアノとチェロで「BGM代わりに」と演奏なさり

お寺様もご一緒に聞き入っておられ、とても和やかで

ご当家様らしい温かい雰囲気の中で式は進行しました。

 

最後のお見送りは、親戚様18名、ご近所の方約15名程。
故人様への想い溢れる心温まるお葬儀でした。

西宮市、家族で送る自宅葬

2015年12月13日

自宅での火葬式をご希望だったご当家様。

 

ご安置後にお打ち合わせを進める中で「火葬式」に疑問を感じられたご様子・・・

 

お寺様にも来て頂きたいし、親戚や近所の方々にもお参りしてほしいし・・・

お花もいっぱいしたい・・・

 

「火葬式では望むカタチの事は出来ないですね。」

 

ご遺族様でご相談なさり、1日葬でのお葬儀を決められました。

 

お通夜は、家族やご近所様と自由に過ごす時間が取れる事を望んでおられたので
「1日葬」なら、ご希望に添える内容でした。

 

 

ご当家様も予想外の供花依頼で、リビングいっぱいの飾りになりましたが

「とっても綺麗にしてあげれて、このプランにしてよかったです!」

とご満足頂けました。

 

 

20151203

 

 

ご親戚様35名様のご参列、皆さんそれぞれ思い思いのお別れの時間。

 

とても賑やかなお別れの時間でした。

 

火葬場へのご移動も、「マイクロバス、やっぱりお願いするべきでした・・」

 

7台の自家用車出棺になりましたが、時間通りの入場

お料理のお席へも問題なくご案内でき、担当者もホッとしたと^^;

 

 

「アドバイス通りにしてれば心配事もなくもっとスムーズにできたのに・・反対にご迷惑おかけしてしまって。

でも、希望に添うように対応して頂いて、本当にいいお葬儀できました。感謝してます。ありがとう」

 

 

最後にお言葉を掛けて頂き、「改めて安堵した・・」と担当者^^

 

 

全てのご希望に添える訳ではないけれど

少しでもお気持ちに添えたなら、嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

芦屋市 故人の遺志を大切に。火葬式

2015年10月30日

故人様の強いご希望で、ご自宅での火葬式をご依頼頂きました。

 

「派手にする必要はない。家族がいてくれればいい。」

 

故人様が望まれた通りの「葬送のカタチ」を選ばれたご遺族様の「想い」

 

ご闘病中、ずっと「家に帰りたい・・」とおっしゃっておられた と伺いました。

 

 

 

 

大好きだったご自宅で、大切なご家族様に囲まれ

最後の時間を共に過ごしたい。

 

望みは叶えられ、静かに眠る故人様のお顔はとても 穏やかでした・・・

 

お別れ前に、故人様との想い出をお話下さったのですが

 

「毎日が楽しくて・・幸せだった」

 

とお棺に目を向けられた表情は

共に歩んだ充実した人生の終焉に

 

「ありがとう」

 

と感謝の心が写る微笑みに見え

穏やかな故人様のお顔と重なり

 

「こんな風に送り、送られたい」

 

と素直に感じた、心洗われる時間でした。

 

 

別件ですが、やはり同じような想いでご自宅で送られたご当家様。

 

常に誰かが側にいて、日常の中で故人様を送る。

 

「非日常」になりがちな葬儀ですが ご家族にとっては

いつも通りの朝だった様です。

 

 

 

 

故人様が望んだお別れの「カタチ」

 

色んな考え方、想いがありますが

ご家族皆様が納得なさり

悔いなくお送り出来たのなら

何よりのご供養なのではないでしょうか。

 

 

今の葬送の「カタチ」は昔のそれとは 大きく変わりました。

 

慣習に準えば、簡素化されすぎて疑問視もされています。

 

旅立つ方の残した想いと、残されたご家族の気持ちが繋がり

皆様にとって一番いい葬送の「カタチ」をお選びになる事を

心から願っております。

 

 

そのお手伝いが出来る様、私共も日々精進致して参ります。

家族と故人の想いを込めて。ご自宅での家族葬

2015年06月13日

家族葬ホールをお探しでしたが条件に合う場所が見つからず

ご相談のご連絡を頂きました。

 

いくつかご提案も致しましたが・・・

 

お話の内容から、可能であればご自宅でのお葬儀をお勧めさせて頂きました。

 

ご連絡頂いた時は、お急ぎではなく

お問い合わせからお時間が経ってのご依頼でした。

 

ご家族でご相談なさり、「自宅から送ろう」

というお話になったとの事。

 

家具等若干の移動はありましたが

リビングに綺麗に飾られた祭壇に

「自宅にしてよかった」と大変喜んでおられました。

 

 

 

ご親戚様も集まられ、故人様の想い出話をなさりながら

皆様リラックスなさってお過ごしで、ご親戚様からも

 

「自宅から送ってあげれて本当に良かったね」

 

「親戚だけなんだし、気使う事ない。故人には自宅が一番いい」

 

と、お声を掛けられ

 

「葬儀ホールに拘らなくて良かった。自宅での葬儀は頭になかったので

提案してもらって助かった。」

 

とおっしゃって頂けました。

 

喪主様のご挨拶は、故人様への想い溢れる内容で

楽しかった事、辛かった事・・・

 

お集まりになられたご親戚様に、今ある想いを全てお伝えなさる様に

一言一言丁寧に語り掛けられるようにお話になりました。

 

 

 

 

 

 

故人様と共に過ごされたご自宅だからこそ

溢れ出たお気持ちだったと思います。

 

「自宅」でのお葬儀は、ご家族にとっては煩わしさもあるとは思いますが・・・

 

色あせる事のない大切な時間になると思います。

「心」と「記憶」に残る、故人様からの最後のプレゼント。

 

そして皆様から、故人様へ。

 

最後の「ありがとう」

 

どうか、ご自宅から「送る」事を面倒くさく思わないでください・・

 

1 / 212

バックナンバー

  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年6月
  • 2014年4月
  • カテゴリー

  • 自由葬
  • 未分類
  • 施行事例
  • 川西市
  • 宝塚市
  • 伊丹市
  • 尼崎市
  • 神戸市
  • 芦屋市
  • 西宮市
  • 海洋散骨
  • 教会葬
  • 寺院葬
  • 斎場葬
  • 会館葬
  • 御送葬
  • 自宅葬
  • 家族葬
  • 火葬式
  • Copyright©2014 OCEAN All Rights Reserved.