葬儀・家族葬・海洋散骨なら西宮・芦屋・尼崎|OCEAN(オーシャン)

繋がるご縁 穏やかに送る聖天寺家族葬

2018年08月29日

20180828

 

 

西宮聖天寺での家族葬。事前にご相談を頂いていたのは以前お手伝いさせて頂いた喪主様からでした。経済的に厳しいので前回のように相談に乗ってあげて欲しいとの事でした。カタチに捉われず「送る想い」を第一にお話を進める弊社のお葬儀。パック料金にしていないのは、様々な家庭事情に対応する為にあります。どなたも統一価格、その中でも低価格を提示するのは簡単ですが、人それぞれ望むカタチも想いも違います。その違いに対応するにはパック料金では難しいのです。些細な事かもそれませんが、それぞれの事情にあった対応をさせて頂く中で、今回のようにご縁を繋いで頂けております。ご当家様にとって突然のお別れに心乱れる中、葬儀の細かい打ち合わせはとても辛く心労もおありなので、その時は何も考えずパック料金の提示は、楽に感じるものですが、途中に「これは追加料金です」と言われたり、最終的にプラスの料金が加算され、「???」になってしまう方も多くありません。ご当家様の負担を葬儀担当者も一緒に抱え、支え、ベストな「葬送」をご提案するのが弊社のお葬儀です。それぞれの状況、お考えを是非お伝え頂きたいと思います。当社でなくても、担当者にはっきりと現状と考えを伝えれば、想いに添ったお葬儀は執り行えます。

尼崎 立花センチュリーホールの家族葬

2018年08月14日

20180813

 

 

 

尼崎市の立花センチュリーホールでの家族葬です。地域の自治会館で、式場、和室(控室)と続き間の洋室を備えた会館です。地域の方々は長く愛用されている自治会館で、家族葬から一般葬まで執り行えます。ご家族の強い希望でご家族と親しいご友人数名でお送りになられました。お通夜は執り行われず、近しい方々が集まって最期の夜を過ごされる1日葬のカタチを執られました。ご自宅も地域内ですので、自宅と行き来しながら故人様に寄り添われました。初めての事ばかりで「何がわからないのか、わからな・・」というご心境での打ち合わせで、ご年配のご親族様の助言も頂ながらご準備をなさいました。ご不安もおありだったと思いますが、一つづつ事を進める中で説明とご提案をしながら、ご当家様のご意思に添ってご予定を進めて頂きました。全てのご予定を終えられ、最後の喪主様のご挨拶には、安堵の表情も見えて「色々と力になってもらって無事に故人を送れて安心しました」とのお言葉も掛けて頂けました。ご自身が中心となるお葬儀は誰しも何回もありません。多くの方が初めてでしょう。ご親戚のお葬儀への参列、遺族としての参列はあれど内容まで把握できる立ち位置になる事は多くない。年配者の意見、少ない経験が頼りです。悔いなくお送り頂く為にも、私共も皆様の「わからない」を想像しながらお話を進めて参ります。

想いを込めて一人送る 聖天寺でのお葬式

2018年08月12日

20180811

 

 

以前にもお手伝いさせて頂いたご当家様。当時はお二人の介護に奔走されておられる状況でした。今回お送りになるにあたり、小さくても葬儀のカタチをお取りになりたいとご相談頂きました。費用は抑えて、最期の時間をゆっくり過ごせたら・・ご自宅でのお葬儀も考えられましたが、お寺での時間を選ばれました。お泊まりにはなられませんでしたが、望まれた時間は十分にお過ごしになられました。たった一人で送らなければならなくても、形を作り、心を整え、故人様への敬意を込められる方もいらっしゃいます。いつもお伝えしていますが、故人様をお送りになる時、重んじられるのはまず故人様への想い。そして残された方の想いも無視できません。今はカタチを取らず火葬(直葬)でお送りする方が多くなっていますが、後になって「もっとちゃんとしてあげれば良かったな」と後悔なさる方も多いのが実情です。金銭的問題は最も不安な事です。ただ故人を送る時間はその時だけです。その時間を逃すとどんなに思っても取りもどす事はできません。この時間は、残されたご遺族にとって心の整理をする大切な時間です。金銭的問題は大きな不安ではありますが、ご自身の為にも「送る」時間を大切にして頂きたいと思います。

賑やかに送る家族葬 甲子園口6丁目集会室

2018年08月02日

20180801

 

 

近しい家族で送る、と言いましてもご家族構成はそれぞれ大きく違いますよね。今回は家族(ひ孫ちゃん含め)30名近いお葬儀になりました。遠方だし、忙しいだろうから来れないんじゃないか・・・とはじめは15名までのお考えでいらした喪主様。最終的にはみんな駆け付けられとても賑やかな時間を過ごされました。故人様に一生懸命話し掛けるひ孫ちゃん達。広い会場を駆け回ってました。いつも故人様がその賑やかなご様子を目を細めて眺められておられたそうです。ひ孫ちゃん達には、その日もいつも通りだったんでしょうね、とても微笑ましい時間でした。大往生とはいえ、最愛の方をなくされたご家族にとっては、全てのご予定を終えられてご自宅に帰られてから急に寂しさを感じられたと伺いました。日々過ごされたお部屋にはもうその姿はなく、日常が変わる事を痛感した・・と。別れは誰しも必ず訪れます。心の準備が出来る状況にあっても、その日を迎えた時に感じる喪失感は経験した者にしか分かりません。大人はその心の変化を自分なりに受け止め、自分自身を納得をさせます。でも小さな子供たちは、その心の変化に対応できず混乱の中泣き続けます。表現もしきれないので大人は笑ってしまう事もあるでしょう。ただ優しく抱きしめて理解できない不安を取り除いてあげて下さい。悲しいね・・でも大丈夫だよ、故人様の分も最大の愛情で包んであげて下さい。

 

芦屋西法寺 沢山の想い溢れるお葬式

2018年07月15日

20180713

 

 

家族葬を想定していても、別れを惜しむ人の心を抑える事なんて誰にも出来ません。突然のお別れに誰もが取り乱し、受け入れようと苦しい時、自分以外の誰かを思いやる事はとても難しい事。できる事なら静かに家族だけで送りたいと願う気持ち、わかります。でも「一部の親しい人には言わない訳にはいかない」という故人様のお付き合いを考えると、その「一部」の方から横へと伝わっていく事もまた必然。この度のお葬儀も多くの想いに包まれたお葬式となりました。とてもお付き合いが広く人気者だった故人様。スポーツをはじめ趣味で繋がったご友人が沢山駆け付けられました。ご家族様にとっては最初は家族だけで静かにと言う思いがおありでしたが、故人様の想い出や多くのエピソードをご友人と語られ、受け入れる事はできなくても、最期の時間を笑顔ある思い出の中で過ごされました。家族葬はどなたに気を向けることなく自分と向き合えるお葬儀です。静かに自分なりの心の整理もできる事でしょう。多くの皆様と共に故人を送る時間は、家族にとって煩わしさもあり最近は敬遠されがちですが、苦しい心を支え救ってくれるのもまた、多くの皆様の想いでもあります。どちらがいい、という訳ではなく、故人様が歩まれた人生には家族も知らない日々がある事を最期、この時間が教えてくれる事、それが家族の心の支えになりえる事を知って頂きたいと思います。

 

西宮聖天寺 夫婦の絆感じた家族葬

2018年07月11日

20180710

 

 

事前予約されていた会館が急に使用出来なくなった・・どうしたらいいのかわからない。お問い合わせ下さったのは県外にお住いの方。喪主様になられる方はご高齢とのこと。全て任せていたのに連絡すると話が全く変わってしまっていてかなりお困りでした。弊社は葬儀会館を持たず、地域の会館や寺院会館を利用した地域に密着した葬儀社であることをお伝えし、聖天寺会館をご案内させて頂くととても気に入られました。静かな環境、また整った館内は家族で過ごすのにとても落ち着くし、エレベーターもあって足元が辛い高齢の親戚にも優しい。居心地の良さを実感されておられました。ご案内から約1ヶ月後、ご連絡を頂いての施行。豪雨が過ぎて暑さ厳しい中のお見送りとなりました。事前に全てのご準備を整えられていたので滞りなくご予定を終えられました。近しいご親族8名様でのお見送りでしたが、ご不安なく最期の時間を過ごされ、ご高齢の皆様にも極力ご負担少なくお過ごし頂く事ができました。ご遺族様はご高齢の方々のお身体を第一に考え、喪主様は故人様を一番に考える。支えがあってのお別れの時間。長年連れ添い、誰よりも故人様の事を理解なさっている喪主様は想い出を語ってくださいました。そこには確かに夫婦の絆がありました。

感謝の想いを込めて家族葬 西宮聖天寺

2018年06月26日

20180625

 

 

故人がいたから、自分がいる。故人のおかげで今の自分がある。喪主様は強い感謝の想いを故人様に伝えたかったとおっしゃいました。ただ、多くの人に送ってもらうのではなく、家族で最期は送りたい。その意味で派手さはいらない、と。喪主様の想いと家族の想いが少し距離がある場合も少なくはありません。費用面や葬儀の規模、今は家族葬が主で、生前のご縁ある方には事後報告にされる方も多くいらっしゃいます。皆が同じ思いであればいいのですが、突然の別れにそこまで気が回らない、というのが現実です。悔いなく故人様をお送りする為には、ご自身の想いを皆に正直に伝える事が大切ですね。確かに、故人様をお送りする時間がお葬儀ではありますが、残された家族皆様にとっても故人様への想いを伝える事の出来る最期の時間であり、またご自身の心の整理、故人様の旅立ちを受け入れて行く大切な時間でもあります。ここで悔いが残ると後々に辛い思いをするのもまたご自身であり家族です。皆様は大切な方の最期にどう向き合いますか?家族で、親族皆で、また多くの縁ある皆さんと一緒に・・たった一人送られゆく大切な人への想いをどのようにカタチにしますか?故人の遺志も大事にしつつ、家族の遺志も加味した葬送が望ましいですね。

姉妹の想い、友人と送る無宗教葬 西宮聖天寺

2018年05月27日

20180526

 

 

「私ひとりで送る事になると思います」ご相談頂いた最初のお電話での事です。姉妹お二人で海外在住の為、今は一緒にいてくれている方も、帰国の日程もあり最期の時までいれるかどうか・・だから一人かもしれないけど、イメージしている送り方をしたい。とはっきりしたご意向を教えて下さいました。費用ではなく「想い」を大切にしたご送葬。ご実家は日蓮宗ではあるけれど無自由葬で送りたい。ご縁あるお寺様もご理解頂いておられ、ご送葬の後ご挨拶に向かわれました。前もってご準備出来る所はしっかりとなさっておられて、私共も頭が下がる思いでした。希望通りのカタチになってとても喜んでくださったご当家様。当日はご友人様が沢山の生花をご用意くださってお棺の中はまるで夢の中のお花畑の様。お花に囲まれて安らかに眠る故人様のお顔は優しく微笑んでおられる様に見えて、送る皆様に心の平安を与えて下さいました。少数人でのお見送りでしたがとても賑やかで、お話は尽きず、ご当家様らしいご送葬だったと思います。お越しのご友人様も「沢山のお葬式見てきたけど、今日みたいなお葬式ははじめてだし、とってもいい!こんなのできるなんて知らなかった~。本当に素敵なお葬式だわ~」と感嘆しておられました。

夫婦仲良くを願って 家族葬聖天寺

2018年04月30日

20180430

 

 

「前回より人数は減ります」「向こうでも仲良くしてもらわなあかんから、前回と同じようにお願します」お話はスムーズに進みご当家様もリラックスしてお通夜の時間を迎えられました。ご年配のご親戚様はお越になられず、参列者様は20名様程。以前と大きく変わる事無くご準備をなさったので、過ごす時間はとてもゆっくり流れました。必要な物はお持ちになられて不自由のないように整えておられましたし、式場で故人様と過ごされる時間と家族で休まれる時間をとっておられたご様子でした。過多のご不安事もなくご予定を終えられました。葬儀を終えられ今後の事も考えていかなければならないご遺族様の負担はしばらく続きます。お住いのお片付けや、市役所での様々な事務処理など。満中陰から1周忌までは中々心休まらない事と思います。一人の人が人生を終えた時、残された遺族は多くの事を「終」にしていかなればなりません。その事を考えて「終活」なさってる方も多い事と思います。負担をかけたく無いと最期を迎える前に自らが「終」準備をする。テレビでも色々と特集されていますよね。自分の最期を自分らしく迎えられる時代。準備と一緒に「家族と話す」事を忘れないで頂きたいと思います。どれだけ自分で準備しても、その事を知る人がいなければそれは意味を成しません。「話す」事を大切にして下さいね。

母への感謝かたちにかえて 家族葬 泉町自治会館

2018年04月29日

20180429

 

 

何件も葬儀社にご相談されておられました。自身が今できる精いっぱいで送りたい。ただその想いで各社のお見積りに出向かれておられたそうです。費用面での不安が消えず、当社へのご相談ではご予算や、してあげたい最低限のカタチをお話下さいました。大手葬儀社や葬儀会館での葬儀はどうしても費用がかかります。その分、控室や宿泊、お越になる皆様へのお接待など行き届いたサービスが受けられます。家族の負担は少ないのは確かです。自宅や地域自治会館には付加価値はありませんが、家族やご親戚皆様の心と、お力を借りて故人様とのお別れの時間をお過ごし頂けると思います。ご親戚様もご高齢になり長時間のお付き合いは負担になる事から、お若い皆様がお力添え下さいました。葬儀のご経験ある皆様からも助言を頂くなど、お力添えのおかげで喪主様も心穏やかにお別れの時間をお過ごしになられた事と思います。人それぞれ、ご当家様それぞれの「かたち」があります。何が合ってて、何が間違っている問事はもう今の時代あまりないのではないでしょうか。慣習に添うところは慣習通りに、自身やご親族様が納得なさっているのであれば、ご家族のカタチに添って進めていければいいと思います。ただただ後悔のない事を願います。

1 / 1312345...10...最後 »

バックナンバー

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年6月
  • 2014年4月
  • カテゴリー

  • 自由葬
  • 未分類
  • 施行事例
  • 川西市
  • 宝塚市
  • 伊丹市
  • 尼崎市
  • 神戸市
  • 芦屋市
  • 西宮市
  • 海洋散骨
  • 教会葬
  • 寺院葬
  • 斎場葬
  • 会館葬
  • 御送葬
  • 自宅葬
  • 家族葬
  • 火葬式
  • Copyright©2014 OCEAN All Rights Reserved.