葬儀・家族葬・海洋散骨なら西宮・芦屋・尼崎|OCEAN(オーシャン)

想い出溢れる自宅葬。川西市

2016年11月11日

20161110

 

 

突然の別れ。何が起こったのか・・・。

ほんの数時間前まで一緒にテレビを見てお茶飲んで・・・何気ない1日、変わらない笑顔がそこにあった。はずなのに。

お葬儀が終わった後、受け止めきれない現実をお話下さった喪主様。「家」の中には故人様と歩んでこられた「日常」があって思わず無意識に話しかけてしまいそう・・・返らぬ声に気付く度、「逝ってしまった」事を少しずつ受け入れておられたのでしょう。

ご自宅でのお葬儀を望まれ、ご親族様と親しいご友人様で送られました。「自宅葬は大変」と思っておられる方も多いかもしれませんが、本当の意味での「家族葬」って、こういう事なんだ、と再認識させて頂けた今回のお葬式。家族の「おもてなし」を気心知れた方々へ、「故人を偲ぶ」事を最優先に最期に時間を共有する。過ごす空間には故人様が残した跡がたくさんあります。想い出に直接触れながらお送りできる、してもらえる大切さ。葬儀会館にはない温もりと家族本来の姿、そして自宅葬の持つ意味をご家族のお姿から学ばせて頂きました。今後ますます「家族葬」や「直葬」を望まれる方々が増えていく事は避けられません。想いは形に変える事が可能です。本当は自宅から送ってあげたいと思われている方もいらっしゃるはずです。「無理」だと思い込まず一度ご相談頂きたいと思います。

その想い、カタチに変えるお手伝いさせてくださいね。

 

 

川西市、縁あるたくさんの心に包まれた自宅葬

2015年12月13日

川西市内の自宅での1日葬の依頼でした。
深夜の病院迎えで搬送後、少しお打合せさせて頂いたのですが

お知り合いのご寺院様にお願いされるとの事で、ご自身でお願いした、との事。

 

関西ではまだあまり馴染みない「1日葬」ですが、ご寺院様はご理解くださってるかお伺いしましたら

「お枕経、通夜もきてくださるそうです^^」

 

・・・ご理解頂けてないかも。

 

少し気になりましたが、お寺様へ1日葬だとはお伝えなさっているそうで、お通夜はご当家様にお任せしました。

 

 

20151203-1

 

 

ご近所の方がお参りに来られた際に「綺麗に飾ってもらったね~」と

自宅でもこんなに立派に出来るんだ私も自宅でお願いしようっておっしゃっていたと喪主様から伺いました。

 

「オーシャンさん紹介しといたよ^^」

 

喪主様・・ありがとうございます

 

ご家族皆様とてもフレンドリーに接して下さって

筆者はすっかり皆さんの中に溶け込んでしまっておりました。

 

開式前にはご親族様がピアノとチェロで「BGM代わりに」と演奏なさり

お寺様もご一緒に聞き入っておられ、とても和やかで

ご当家様らしい温かい雰囲気の中で式は進行しました。

 

最後のお見送りは、親戚様18名、ご近所の方約15名程。
故人様への想い溢れる心温まるお葬儀でした。

川西市、家族葬ホール「久代」での一般葬

2015年08月31日

お迎えに上がった際に、急遽「湯灌」のご依頼を頂き

ホール入場を変更し、すぐにご自宅での湯灌の儀を手配致しました。

 

お打ち合わせの際、喪主様へ各方面からのお電話が鳴りやまず

家族葬をご希望でしたので、お断りなさるのにご苦労されておられました。
そのご様子から、万が一に備えれるよう

当社の受け入れ態勢も整える様に致しました。

 

 

 

 

 

 

ホールへのご入場後、開式30分前まではご遺族様だけで

和やかに過ごしていらっしゃたのですが・・

 

 

次々と、ご親戚様、ご友人、会社関係の方とご到着になられ

ご遺族様も驚かれながらのご対応で

「なんでみんな知ったんやろ・・・」

としきりにおっしゃっておられましたが

多くの方に来て頂けた事に感謝なさっておられました。

 

 

通夜の儀はご親戚様、ご一般様あわせて50名様程になり

遅れてお参りにお越しの方々もおられ

遅くまで故人様の様々なエピソード話が尽きなかった様です。

 

 

「断っていたけど、広がるものですね。

家族だけでひっそり送るつもりでしたが結果よかったです。

たくさんの方にお別れして頂けました。いいお葬儀でした。」

と、とても喜んでおられました。

 

 

故人様との思い出や、若かりし頃のエピソード

今まで知らなかった故人様の素顔が見える

ご親戚様方のお話。

 

 

何よりのお供養でもあり

心の中に残る大切なお形見になる事だと思います。

 

 

縁ある多くの方々から、たくさんの「お形見」を受け取れるお葬儀って

「素敵」だな~と思う筆者でございました。

 

家族と故人の想いを込めて。ご自宅での家族葬

2015年06月13日

家族葬ホールをお探しでしたが条件に合う場所が見つからず

ご相談のご連絡を頂きました。

 

いくつかご提案も致しましたが・・・

 

お話の内容から、可能であればご自宅でのお葬儀をお勧めさせて頂きました。

 

ご連絡頂いた時は、お急ぎではなく

お問い合わせからお時間が経ってのご依頼でした。

 

ご家族でご相談なさり、「自宅から送ろう」

というお話になったとの事。

 

家具等若干の移動はありましたが

リビングに綺麗に飾られた祭壇に

「自宅にしてよかった」と大変喜んでおられました。

 

 

 

ご親戚様も集まられ、故人様の想い出話をなさりながら

皆様リラックスなさってお過ごしで、ご親戚様からも

 

「自宅から送ってあげれて本当に良かったね」

 

「親戚だけなんだし、気使う事ない。故人には自宅が一番いい」

 

と、お声を掛けられ

 

「葬儀ホールに拘らなくて良かった。自宅での葬儀は頭になかったので

提案してもらって助かった。」

 

とおっしゃって頂けました。

 

喪主様のご挨拶は、故人様への想い溢れる内容で

楽しかった事、辛かった事・・・

 

お集まりになられたご親戚様に、今ある想いを全てお伝えなさる様に

一言一言丁寧に語り掛けられるようにお話になりました。

 

 

 

 

 

 

故人様と共に過ごされたご自宅だからこそ

溢れ出たお気持ちだったと思います。

 

「自宅」でのお葬儀は、ご家族にとっては煩わしさもあるとは思いますが・・・

 

色あせる事のない大切な時間になると思います。

「心」と「記憶」に残る、故人様からの最後のプレゼント。

 

そして皆様から、故人様へ。

 

最後の「ありがとう」

 

どうか、ご自宅から「送る」事を面倒くさく思わないでください・・

 

川西市 家族葬ホールでのお葬式

2014年12月03日

川西市の家族葬ホール「久代」でのお葬式です。

ご当家様はの宗派は神道。
斎主様はご遠方からお越しでした。

「神饌物(しんせんもの)の用意は葬儀屋さんにしてもらってね」
斎主様からのご伝言を喪主様から伺い、当社にお任せ頂きました。

神饌物とは・・祭壇へのお供え物です。
神道にも色々ありますが、「お任せ」頂いたので一般的な形でご用意しました。
卵・魚(するめ、鯛)・野菜・果物・乾物・お菓子・お酒・お米・お餅・・・
簡単に書くとこんな感じです。

kawanishi

ご親族12名、斎主様ご夫婦もご親戚様とあって
とっても和やかな雰囲気のお葬儀でした。
そして皆さんとてもフレンドリー。

いいお葬儀ができたわ。本当にお世話になってありがとうね~
とのお言葉を頂きました。

ほんわかとした温かさ溢れる素敵なお葬儀のお手伝いをさせて頂けて光栄でした。

今日の私の失敗談・・・
お見送りの後に発見したのは喪主様のコート・・
「なんでっ( ̄□ ̄;)!!」
慌ててお電話しました。

お骨あげにあわせて出発されたから、取りに戻ってもらったら間に合わないーー(´□`。)どーーーーしよーー(´□`。)

お電話にでられた喪主様の奥様は
「あら~お父さん!おいてきちゃったのね~すぐ取りにいくわ~♪」
「大丈夫、まだ近くだから♪」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・         すごく長く感じた3分。
到着したお車から喪主様が
「いや~ごめんね~車乗るまで持ってたのに。乗る時においちゃった。
間に合うから平気だよ。ありがとね~」
私が気付かなかったせいでお手間かけてしまったのに・・・
本当に申し訳ありません!!

とお詫びを言い終わるかどうかのとこで
「間に合うよ~車の運転には自信ある!」
と笑顔でご出発されました。

最後まで、温かいご当家様に心から感謝致します。

「想い」をカタチに変える
「想い」がつながる心温まる家族葬は
オーシャンセレモニーへ。
心を尽くしてお手伝い致します

川西市内、市営集会所での1日葬

2014年06月08日

川西市の市営住宅集会所での1日葬です。

 

自宅からのご出棺を強くお望みだったのですが

お棺が入れない事をご家族が確認なさっておられ

自ら集会所を手配なさってのご依頼でした。

 

集会所の準備(使用中だったので・・)の為

直接ご安置が叶わず、一度当社安置室にご安置させて頂き

「夜9時には準備ができます」との事。

ご指定されました時間に、故人様を集会所へとお送りする

事となりました。

 

当初はご家族だけでのお葬儀を予定されておりましたが

当社が集会所前に到着しますと

既に多くのご近所様やご親戚様

お通夜のお参りはなさらないはずのお寺様も

駆け付けておられ、ご遺族様も困惑なさっておられましたが

ご予定の変更に、急ぎご安置させて頂き

お通夜のお参りをして頂ける様お整え致しました。

 

遅い時間ではありましたが、沢山の方がお越しになり

喪主様はじめ、ご遺族様も対応に追われながらのお打ち合わせで

お疲れだったと思います。

 

 

「こんな予定じゃなかったのに・・本当にもうしわけないです・・」

と何度もおっしゃる喪主様。

 

私共はある程度予想はできており、準備も整えてきておりました。

 

長くお過ごしになり、多くの方々とのご親交がおありだった故人様。

その故人様を「送りたい」「最後に一目お顔が見たい」と皆さんおっしゃるでしょう。

 

故人様のお人柄と、ご家族がこの地域で歩んでこられた人生が

色濃く映されたお葬儀となりました。

 

お葬儀当日。

たくさんのご友人、地域の方々に見送られてのご出棺です。

 

「こんなにみんなに愛されて。本当に故人の人生は幸せでした」

「ありがとうございました!」

 

と必死に涙を堪え、笑顔で送ろうとなさるご家族の姿は

地域の皆様への感謝の想いが込められていたのだと思います。

 

どの様な状況にも、予定外の出来事にも

私共スタッフは、精いっぱいご対応いたします。

どうか気遣いなくお任せくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックナンバー

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年6月
  • 2014年4月
  • カテゴリー

  • 自由葬
  • 未分類
  • 施行事例
  • 川西市
  • 宝塚市
  • 伊丹市
  • 尼崎市
  • 神戸市
  • 芦屋市
  • 西宮市
  • 海洋散骨
  • 教会葬
  • 寺院葬
  • 斎場葬
  • 会館葬
  • 御送葬
  • 自宅葬
  • 家族葬
  • 火葬式
  • Copyright©2014 OCEAN All Rights Reserved.